横浜のデリヘルならヘブンネット デリヘルジャパンで失敗した話 TOKYOGALS

ヒロっちASM

2019-04-21
横浜夜遊び
0 COMMENTS
1.jpg


どうも、ひろっちです。

横浜の立ち飲みを飲み歩いて良い感じになり、勢いナンパしたり相席居酒屋で頑張ってる出張サラリーマンも多いのではないでしょうか?横浜は、関西で言う神戸っぽい雰囲気があるので、キレイ目おとな女性に出会えちゃったりと、期待に胸を膨らんじゃいますよね。

ひろっちも横浜出張でテンション上がって、おねーちゃん探しに出陣したのですが、福岡のようにうまくはいかずに撃沈。。。

やっぱり関東は難しいっすわ。

さて、意気消沈とホテルの戻るわけですが、股間は消沈するどころかムックムクのテンションアゲアゲ状態。この憤るムスコの気持ちを治めるべく、デリヘルをコールしたのですが。。。

結論から言うと最悪でしたよ!!!

もう二度と横浜には行かない!って思えるくらい最悪!

今回は、同じような最悪な目に合わないように、デリヘルをこれから呼ぼうって人の手助けになればと思い、書いてみました。

デリヘルジャパンは信用するな!!


まずこれに尽きます。これがそもそもの失敗の始まりでした。

いつもなら必ずヘブンネットを見るんですよね。間違いないから。ヘブンって大手だから変なお店とか掲載してないんですが、他のサイトって怪しいお店を載せてたりするんですよね。

今回は酔っぱらってて、早くおねーちゃんとイチャイチャしたいって思いから、『横浜 デリヘル』ってググッて、最初のサイトに入っちゃったんですよね。これがホンマに失敗。

後から見たら、デリヘルジャパンってなんやねん?使ったことないぞってレベル。


で、とにもかくにもこのデリヘルジャパンでお店探しをしたわけですよ。

頭ん中はデリヘルおねーちゃんにシミクンニすることでいっぱい。気持ちよくしたら、お返しに特別サービスしてくれたりして。。。ムフフ。。。



なんてエロ妄想が走って、検索が不注意でした。

夜中3時にデリヘルが待機中で、料金が良さげなお店を探していると、60分11000円なる店を発見。

普通に考えたら11000円なんて怪しすぎるんですけど、酔っぱらってエロ妄想全開のバカ頭は、GOしちゃったんですよね。


店 『はい、TOKYOGALSです』

僕 『今から女の子いけますか?』

店 『場所はどちらですか?』

僕 『**ホテルです。』

店 『大丈夫ですよ。お時間どうされます?』

僕 『60分で。なるべくカワイイ子お願いします。』

店 『分かりました。』


ノックしてきたのは。。。男???


ウトウトしながらベッドで横になっていると、ホテルのドアをノックする音が。

覗き穴から廊下を覗くと、眼鏡をかけた20歳くらいの痩せた男が立っている。。。なんで??

うーん、なんか気味悪いから開けないでおこう。


数分後。。。

プルルルル、プルルルル!

部屋に備え付けられた電話が鳴り始めた。覗き穴から廊下を見ると、廊下の電話から部屋にかけている様子。
受話器を上げると、男の声。


男 『すみません。ドア開けてもらえますか?』

僕 『どちら様ですか?』

男 『いやいや、デリヘル呼ばれましたよね?』

僕 『どこの何てお店ですか?』

男 『・・・僕は運転手なんで、知りません。』

僕 『とりあえずどこの誰か分からないことにはドア開けないんで、店を名乗ってください。』

男 『・・・聞いてみます。』


5分後。。。


男 『とうきょうぎゃるずです。』

僕 『分かりました。』


ドアを開けると、男が言う。

男 『出張代と入会金コミで1万6000円です。』

僕 『(1万1000円じゃないの?)・・・はい。』

この前金制で、ある程度気付くべきだったんですよね。


次に現れたのは、映画SINGの象みたいなオンナ


男が去ってから数分して、部屋をノックする音が聞こえてきた。

もう時間は朝の4時、ある程度許容できる女の子なら楽しもうとドアを開けると。。。。そこには、象がゴスロリの格好をして立っていた。まさに映画SINGの象そのもの。

身長170cm+厚底の靴10cmで180㎝級。体重は80-90kg。

どんだけ太い足でその靴はいとんねん。靴が可愛そうじゃ。

何を勘違いしとるんか知らんが、頭にレースのリボンつけとる場合やないやろ。

などと思いながら、それでも女体と思い、部屋に招き入れる。


デブのおっぱいも目をつむれば巨乳。

そう自分に言い聞かせ、心を落ち着かせる。がんばれ俺!!


僕 『どうしたら良い?』

象 『とりあえず服脱いでください。』

僕 『どこまで?』

象 『全部。』

僕 『自分は服脱がんの?』

象 『あー、私たちは脱がないんで。。。』

僕 『ファッ????』


僕はすでに全裸。象は服を着たまま両手にペペローションを垂らしていた。


僕 『いやいやいや。手コキ頼んだ覚えないわ。』

そう言うと、眠気と同時にだんだん腹が立ってきた。とはいえ、店側に電話するテンションにもなれず、何もかもどうでもよくなった。

僕 『もうええわ。帰って。』

象 『えーっっと。手だけ洗わせてもらって良いですか?』

僕 『好きにせえ。』


象は手だけ洗うと、何も言わずに部屋を出ていった。ほんま胸糞悪い。




反省点


・ヘブンネットに掲載されていないような怪しいお店は利用しない
・男が先に来るような集金システムは信用しない
・そもそもTOKYOGALSってGALS東京のパクリって気づかないとダメ
・酔ってるからこそ呼びたくなるけど、店選びは冷静に!!


みなさん。TokyoGalsってデリヘルには気を付けましょう。
間違ってもTokyoGalsって風俗やデリヘルには、お金を払っちゃだめですよ。
象が前足にローション垂らしながら手コキしに来ますから。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply