ふたりエッチ 初イキ優良何話目? あらすじ ネタバレ 感想

ヒロっちASM

2017-12-24
★ムフフな動画集★
0 COMMENTS
ふたりえっち


どうもひろっちです。

ふたりエッチってご存知ですか?
って愚問ですよね。

誰もが知ってるエロ漫画ですが
主人公の優良さんが初イキする
初めて逝っちゃうのって何話か
知ってますか?

真とふたりエッチを繰り返してる優良ですが
気持ちよく感じていることはあっても
単発のオーガズムを感じていても
完全にイクのってかなり話が進んでから。

って急になんやねんって話ですが
最近『マンガpark』ってアプリに
ハマって読んでるうちに知ったんで
紹介しようかなと。

マンガparkならふたりエッチが全話無料


マンガparkならふたりエッチが全話無料で読めます。

期間限定なのかわかりませんが
今のところ全話読めます。

アプリはふたりエッチの出版社である
白泉社が提供しているので安全です。


最近はマンガの違法アップロードや
違法なダウンロードが頻発しているので

『それなら出版社が無料にしちゃえ』

ってことなんですかね。


分かりませんが
タダでふたりエッチを読めるのなら
退屈な出張の夜も楽しめます。

ふたりエッチ 優良の初イキは何話目?


優良が初めてイクのは 332話目 です。

巻数で言うと36巻目です。

タイトルはそのまま

『はじめてイキました』


温泉に行って愛を確かめ合うふたり。

和室の布団で行為スタート。

真の指テクでGスポットを刺激
真は兄貴からテクを伝授されている。

優良が高まったところで正常位結合。

腰を浮かせてGスポットを執拗にピストン。
で、一回目のオーガズム。

さらに対面騎乗位からバック。

もう一度正常位に戻って2回目のオーガズム。

からの初イキです。

332話以降 イクことを覚えた優良はさらにスケベに


332話目以降のふたりエッチで
優良はさらにスケベになっていきます。

真に激しさやピストンのバリエーションを
求めるようになります。


この332話目以降の満足しない優良を
満足させるために

真が兄貴にテクを教えてもらうのですが
これがシミケンテクに通じる内容でした。

以前の記事でシミケンのエロテク動画
紹介したのですが
真の兄貴も同じような内容を
伝授していました。

ちなみにシミケンのエロテクの記事は
こちらから。

>>AV男優しみけんのスーパーSEX講座!がDMMで1680円だったので買って観た感想

マンガparkは他にもオススメの漫画がある


マンガparkは白泉社の漫画を無料で
読むことがマンガアプリなのですが
オススメの漫画が盛りだくさんです。

① ベルセルク
大剣を持った狂戦士が巨大な魔物を
ザックザクと切り倒すお話。

中世ヨーロッパのような時代背景と
ゴッドハンドと呼ばれる神々。

絶対的な力量差を感じながらも
絶望の中、もがき抗う姿に
いつしか引き込まれていきます。

全ページ黒色の分量が多く
作者の熱量を感じます。

白泉社の漫画としてかなり有名ですよね。

② 東京闇虫
借金を抱えた青年が借金取りに
連れていかれた先は

東京の漫画喫茶。

彼はマンガ喫茶で寝泊まりしながら
東京の闇稼業を手伝わされます。

紙袋を運ぶだけで10万円。

アンダーグラウンドに魅せられ
東京の闇に沈んでいく主人公を
葛藤とともに描いています。


新宿スワンとか闇金ウシジマくんとか
アンダーグランドな世界観が
好きな人にはハマるでしょうね。

オススメです。

③ 東京闇虫 パンドラ
上記の東京闇虫のスピンオフ作品。

会社に不条理を感じながらも
我慢を続けるサラリーマンの家に
援デリで働く17歳の少女が
転がり込みます。

それぞれの生き方を最初は
受け入れないものの
次第に尊重するように。

そんな二人を東京という闇が
飲み込んでいって。。。

④ 虐殺ハッピーエンド
学校にも行かずにアルバイトに
明け暮れる高校生。

働かないアル中の父親。
金の無心に来る先輩。

不条理な世の中でも一生懸命に
主人公がお金を稼ぐ理由は
妹の入院費を稼ぐため。

妹は病院で植物人間状態。

移植が必要でドナーが
見つからないと死んでしまう。

絶望の中、神社で主人公は叫ぶ。


『俺と妹に明日なんて来なければ良い』


時の無限ループに落ち込んだ
主人公と妹。

彼らが明日に進むためには人を凝らさなければならない。

主人公は妹の移植ができるまで
人を殺し続ける。

ふたりエッチっぽいエロ漫画




まとめ


ふたりエッチで優良が初めてイクのは
36巻の332話目です。

マンガparkならふたりエッチが全話無料で読めます。

東京闇虫などオススメの漫画も
無料で読めますよ。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply