福岡中洲が好きすぎて -中洲夜遊びと恋-

相手の好みを知るためには、相手の過去を調べると良い☆

★好みを知るためには相手の過去を調べると良い性欲とテストステロンの項では、ヒトは左右対称形の顔・姿・形に惹かれると書きました。しかし、それだけでヒトの好みが決まれば、みんながみんな同じ異性を好きになり、争いが起こり、やがて滅んでしまうでしょう。ヒトは確かに左右対称形の顔立ちに惹かれますが、好みは人ぞれぞれで微妙に異なります。それ故に様々なカップルが出来、人々は滅ばなくて済むのです。では、この好みは...

セックスと恋愛刺激方法 身体に良いセックスと彼女の恋愛感情を高める方法について

★セックスは身体に良いセックスを週に三回すると一年で8400キロカロリー消費していることになります。これは130キロメートルのマラソンで消費するカロリーに等しい値。テストステロンの分泌が増えることにより、骨や筋肉が丈夫になり、善玉コレステロールも増えます。鎮痛効果のあるエンドルフィンという物質が分泌され、痛みも軽減します。さらにセックスには良いことがいっぱいです。...

恋愛は中毒 恋に落ちている脳はドラッグによる中毒症状と同じ

★恋愛は中毒恋愛時、脳内ではPHE(フェニルエチルアミン)という物質が生じているとかんがえられています。このPHEはアンフェタミンのような乱用ドラッグと同じような物質で、大脳辺縁系中心部の報酬システムが活性化されます。...

性欲とテストステロン 女が性的に高まる時と排卵期の見分け方

★性欲ホルモン -テストステロン-男性ホルモン、特にこのテストステロンの血中濃度が高いと性的活動が活発になると言われています。ドーパミンがテストステロンの分泌を刺激し、またテストステロンの血中濃度上昇がドーパミンやエピネフリンの分泌を高め、さらなる性的衝動を促しています。...

恋が愛に変わる時 脳は報酬を得るために興奮する

★尾状核と腹側被蓋野 -報酬系-脳の中には腹側被蓋野と呼ばれる部位があり、そこには尾状核も含まれています。ここはドーパミンを生成する細胞の主脈であり、ドーパミンを脳の様々な部位へ分配しています。恋している人の脳ではこの腹側被蓋野が特に活発に活動していると言われています。...

恋に落ちる脳内ホルモン ドーパミンが恋愛感情を引き起こす

恋に落ちる脳内ホルモン ドーパミンが恋愛感情を引き起こす恋愛感情は、ドーパミン・ノルエピネフリン・セロトニンが影響していると考えられています。これら3つの脳内物質について詳しくご紹介します。...

瞬間的に恋する脳 脳科学で恋に落ちるメカニズムを探る

★脳が感じる運命私たちは毎日、電車の中や道路、昼飯を買うコンビニなど様々な場所で異性とすれ違っており、その数はおよそ100人くらいと言われています。私たちは毎日、100人近くの女性と出会っているのです。つまり出会いのチャンスは無限に存在するんです。...

人は脳で恋に落ちる 恋に落ちるメカニズムをキャバクラ嬢に使ってみる

☆人は脳で恋に落ちる★最近の脳科学の分野の発展は著しく、『恋に落ちるメカニズム』が解明されつつあるそうです。...